手軽に摂取できるサプリメント(アガリクス)の、効果や副作用をやさしく解説しています!

サプリメントの効果と副作用アガリクス>・・・とは

アガリクスとは

南米が原産のキノコ

アガリクスは、ブラジルのピエダーテ山脈地方を、原産地とするキノコのことです。この地方に住む人々は、草原に自生するアガリクスを食べる習慣があり、ガンをはじめとする生活習慣病が少なく、長寿の人が多いことで知られています。

このため、アガリクスの臨床研究が数多く行われ、ガン予防の効果が、いく例も確かめられています。

日本では、”カワリハラタケ”あるいは”ヒメマツタケ”とも呼ばれ、学名は”アガリクス・ブラゼイ・ムリル”といいます。

ブラジルから日本に輸入が始まった1965年頃は、非常に高価なサプリメントでした。その後、アガリクスの栽培方法が開発され、大量に人工栽培できるようになりました。

今では、原産地のブラジルだけでなく、日本や中国、台湾、韓国などでも栽培が盛んで、一般の人でも手軽に購入できる、サプリメントになりました。

抗ガン作用のあるキノコは、アガリクス以外にも、霊芝(れいし)やマイタケ、カワラタケなどがあります。

含まれる有効成分

アガリクスに含まれる有効な成分は、以下のように複数あります。

βグルカン

キノコ類に特有の成分として、注目されているのがこの成分です。βグルカンは、キノコに多く含まれる多糖類で、食物繊維の仲間です。ガン細胞の増殖を抑えたり、ガンを攻撃して退治する効果があります。

このβグルカンは、キノコ類では、特にアガリクスに一番多く含まれ、抗ガン作用が期待できます。

ビタミン、ミネラル

アガリクスには、βグルカン以外にも、ビタミンB2やDなどのビタミンや、カリウム、マグネシウムなどのミネラルも含まれています。

また、リノール酸やリン脂質などの成分も含まれ、健康維持に有効な効果があります。

たんぱく質

アガリクスは、他のキノコ類と比較すると、たんぱく質の含有量が多く、全体の35〜40%を占めています。

たんぱく質は、主に筋肉や骨、皮膚、血液、ホルモンなどの材料となる栄養素で、一部は、体のエネルギー源や体の働きを調整する、潤滑油の役割りもしています。

効果

アガリクスで一番よく知られている効果は、ガンの予防や改善ですが、他にも以下のものがあります。

 ・抗ガン剤の副作用を軽くする
 ・糖尿病の改善
 ・様々な生活習慣病の予防や改善

これらは、アガリクスによって免疫力が高まり、体の抵抗力がつくためです。
具体的な効果については、このサイトのアガリクスの効果・効能をご覧ください。

次ページ→アガリクスの効果・効能