健康や美容に役立つサプリメント(ガルシニア)の、効果や副作用をわかりやすく紹介♪

サプリメントの効果と副作用ガルシニア>副作用

ガルシニアの副作用

臨床研究では、大きなトラブルはナシ

ガルシニアは、もともと植物由来のサプリメントのため、過剰摂取しなければ、副作用が起こる可能性は低いといえます。

*1日あたりの摂取量の目安は、ガルシニアに含まれるヒドロキシクエン酸(HCA)換算で、250〜1000mgです。

ただし、動物(ラット)にガルシニアを長期間投与した実験では、精巣障害の副作用が起こったという報告があります。

このため、2002年に厚生労働省より、ガルシニアを摂取る場合の、上限量が公表されました。

それによると、長期摂取する場合はヒドロキシクエン酸(HCA)を、1日あたり1500mg以下にすると、副作用のリスクが小さいとのことです。

一般で販売されているサプリメントの多くは、約1000mgが摂取量の上限になっているので、これを守ればよいでしょう。


なお、日本や米国では、人間の成人を対象とするガルシニアの、副作用の臨床研究が、数多く行われており、ラットに起きたような副作用は、確認されていません。

例えば、サプリメントで有名なファンケルの臨床では、
健康な成人44名が、一時的にガルシニア(HCA)を4000mg摂取したときでも、副作用は確認されていません。

また、HCAを3000mg、10日間連続して摂取したときも同様に、副作用は起きなかったということです。

さらに、2002年の米国の動物実験において、ガルシニアの毒性の検証が行われましたが、このときも副作用は確認できなかったということです。

以上のことから、1日あたりの目安である250〜1000mgを守って摂取すれば、副作用の心配は、ほとんどないと考えてよいでしょう。

妊婦や授乳婦、子どもの副作用については、臨床研究による報告はありませんので、念のためにガルシニアの摂取は、控えたほうがよいでしょう。

他のサプリメントや薬との相互作用

今のところ、ガルシニアと他のサプリメントや薬を一緒に摂取しても、副作用が起こったことはありません。

それぞれのサプリメントや薬の適量を守って摂取すれば、問題ないでしょう。
もし、副作用が心配な場合は、事前に医師に相談しておくとよいでしょう。