健康や美容に役立つサプリメント(高麗人参)の、効果や副作用をわかりやすく紹介♪

サプリメントの効果と副作用高麗人参(エキス)>効果・効能

高麗人参(エキス)の効果・効能

様々な症状に有効

前ページの高麗人参とはでもご紹介しましたが、高麗人参(エキス)は、サポニン類をはじめ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、多くの有効成分が含まれています。これらの有効成分が総合的に働いて、実に様々な効果が期待できます。

以下に、臨床研究で実際に確かめられている、高麗人参の効果を取り上げました。

疲労回復や虚弱体質の改善

高麗人参は、中国で古くから漢方薬として使用されていて、体力を回復させたり、体質を改善する効果を発揮してきました。

認知症の改善や脳の機能を向上

健康な成人112名(40歳以上)を対象とした臨床研究で、高麗人参を毎日400mg摂取したところ、約2カ月後には、約85%の方が思考力や聴力が高まったという結果がでています。

なお、認知症に対しては、イチョウ葉エキスのサプリメントを一緒に摂取すると、相乗効果があります。

勃起障害(ED)の改善

勃起障害のある患者さん40名が、高麗人参を毎日900mg摂取してから、2カ月後には、6割の患者さんに効果があったという報告があります。

糖尿病の改善

糖尿病をはじめとする生活習慣病にも効果があります。
高麗人参に含まれる、有効成分の相乗効果で、糖尿病の原因である、血糖値を下げたり、血液中のコレステロールや中性脂肪を排出して、動脈硬化や心臓病を予防します。

ガンやエイズの予防

高麗人参に含まれる、サポニン類(ジンセノサイド)は、免疫力を高めてガンやエイズを予防する効果もあります。

特に、根を蒸してから熱風乾燥して作られる、”紅参”と呼ばれるものは、この効果が高いと考えられています。

その他

上記以外にも、高麗人参には次のような効果も知られています。

  ・免疫力アップによるインフルエンザやカゼの予防
  ・更年期障害の症状の軽減
  ・食欲不振や体重減少の改善
  ・冷え性、ストレスの解消
  ・不妊症や胃腸障害の改善など

1日あたりの摂取量

高麗人参の効果的な摂取量は、エキスで作られたサプリメントの場合は、1日あたり100〜900mgが目安になります。
煎じて飲む場合は、1日あたり1.5g〜5.0gが目安になります。

ただ、高麗人参は体質によっては、まれに、体調不良やめまいなどの副作用が起こる場合もあるので、摂取する場合は少量から始めるのがよいでしょう。これはサプリメントの場合でも、煎じて飲む場合も同じことが言えます。

なお、高麗人参は、昔から漢方薬として使用されてきたように、短期間の摂取では効果が少ないので、長期間、継続して摂取することがポイントになります。

次ページ→高麗人参(エキス)の副作用