多くの方が愛用している、サプリメント(クロレラ)について、わかりやすく解説しています♪

サプリメントの効果と副作用クロレラ>・・・とは

クロレラとは

植物性のプランクトン

クロレラとは、池や湖などの淡水に生息している、植物プランクトンのことです。
プランクトンは、水面近くに漂っている小さな生物で、魚のエサにもなっています。

クロレラは、1890年にオランダの微生物学者によって発見され、その歴史をたどると、地球が誕生した頃から、すでに生息していたと考えられています。

このクロレラは、葉緑素の含有量が多く、日光のエネルギーを取り込み成長します。日光が多いほど光合成が活発に行われ、早く成長し増えていきます。

現在、人工的に増やされているクロレラは、光合成によるものと、そうでないものがあります。光合成で増殖したクロレラの方が、葉緑素や他の有効成分が多いため、サプリメントで使用される場合は、光合成によるものがほとんどです。

有効成分の種類が多い

クロレラには、非常に多くの有効成分が含まれているのが特徴で、主なものには次のものがあります。

タンパク質
クロレラ全体の約60%を占めていて、良質なタンパク源として注目されています。
葉緑素
抗酸化力があり、抗ガン作用や血液中のコレステロールを減らします。
ビタミン(A、B群、E、K、葉酸、パントテン酸、ルテインなど)
体の調子や機能を維持する基本的な成分で、ビタミンKの含有量が多いです。
ミネラル(マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛など)
クロレラには、特にマグネシウムが多く含まれています。
食物繊維
腸を清掃して、便秘や大腸ガンに効果があります。
核酸
体の新陳代謝を助けて、遺伝子を守ります。

このように、クロレラには多くの有効成分が含まれているので、健康を維持する、総合的なサプリメントとして利用されています。

クロレラというと、以前は消化、吸収が悪かったのですが、最近では製法も改良され、この問題は解消されています。

サプリメントでの注意事項

上記のように、クロレラには有効成分が多く、美容や健康に役立つサプリメントです。

ただ、一つ注意したいのは、一般的に市販されているクロレラのサプリメントの全てに、上記の成分がもれなく含まれているとは限りません。

サプリメント用のクロレラは、製造元で人工的に増やしたものなので、製造方法によって、品質や有効成分に違いがあります。

国内の有名メーカーであれば、心配ありませんが、その他の製品では、効果が期待できないものもあるので注意しましょう。

サプリメントを購入する場合は、パッケージに表示されている、成分の内訳をチェックしておくのがよいでしょう。(表示がないものは、購入しない方がよいです。)

次ページ→クロレラの効果・効能