健康や美容に役立つサプリメントの基本や効果、副作用をわかりやすく紹介しています♪

サプリメントの効果と副作用基礎知識>飲み方2

サプリメントの飲み方2

前ページ、サプリメントの飲み方1の続きです。

飲み方のポイント4. <相互作用>

1つの成分だけで作られたサプリメントを、摂取しているときは問題なくても、複数のサプリメントを同時に摂ると、効果が低下したり、腸での吸収率が悪くなることがあります。

また、医薬品と併用した飲み方をした場合、副作用が起きたり、体調を崩すケースもあります。これらを、サプリメントの相互作用といいます。

複数のサプリメントを同時に摂取した場合の、相互作用でよく知られているものに、カルシウムとマグネシウムの飲み方があります。

カルシウムとマグネシウムの摂取バランスは、2:1が良いとされています。もし、カルシウムを摂り過ぎると、マグネシウムの吸収率が低下することがわかっています。


医薬品とサプリメントの相互作用では、ワーファリンと併用した飲み方をすると、ワーファリンの効果に違いがでてくることが、よく知られています。

例えば、ワーファリンとビタミンE、ノコギリヤシ、ローヤルゼリー、メリロートなどを併用すると、ワーファリンの効果を強めて、出血がなかなか止まらなくなります。

また、ビタミンKやコエンザイムQ10と併用すると、ワーファリンの効果を弱めてしまいます。

サプリメントと医薬品の相互作用は、これ以外にも数多くあるので、飲み方には十分注意する必要があります。両方を併用する場合は、事前に医師に相談して、安全を確かめておくことが大切です。

*ワーファリンは、血液凝固阻止剤といい、正式には”ワルファリンカリウム”と呼ばれています。血液を固まりにくくする効果があり、心筋こうそくや脳こうそくなどの予防に使われています。

飲み方のポイント5. <食品アレルギー>

サプリメントの飲み方では、食品アレルギーも気をつける必要があります。サプリメントの中には、食品から有効成分を抽出して作られたものも多く、その成分に対してアレルギーがある人に、影響を与えることがよくあります。

食品とサプリメントの飲み方によって、アレルギーが起こる代表的なものを、以下にピックアップしました。

 1)卵・・・大豆イソフラボン、ビール酵母、イチョウ葉、セントジョーンズワート
 2)かに・・・キトサン、グルコサミン、コンドロイチン

 3)えび・・・グルコサミン、コンドロイチン
 4)そば・・・ペプチド

 5)小麦・・・マイタケ、朝鮮人参エキス
 6)乳(製品)・・・ローヤルゼリー、イチョウ葉、カルシウム

この他にも、キウイやイカ、サケ、りんご、鶏肉、ゼラチン、オレンジなども食品アレルギーがあります。サプリメントの表示ラベルには、飲み方の注意事項が必ず表記されているので、食品アレルギーがある方は、忘れずチェックしておきましょう。

飲み方のポイント6. <妊婦や授乳婦>

妊娠中あるいは、授乳中の場合も、サプリメントの飲み方には、十分な注意が必要です。お母さんだけでなく、お腹の赤ちゃんにも影響があるのでなおさらです。

妊婦や授乳婦の方に、特に関係が深いサプリメントは、次のものがあります。

1)ビタミンA
ビタミンAは、不足しても過剰摂取しても、子どもの成長に悪影響があるので、毎日、適量を摂取する飲み方が大切になります。

2)ビタミンB群
神経のイライラや、緊張を和らげる効果があるサプリメントで、中でもビタミンB6は、つわりの負担を軽くします。

3)葉酸(ビタミンB群)
葉酸が不足すると、胎児の体や神経の発育障害が、起こることがあります。過剰摂取による副作用は、ほとんど無いサプリメントです。

4)鉄
鉄が不足すると貧血が起こり、胎児も酸素不足になり、先天的な貧血症の赤ちゃんが生まれるケースがあります。

5)カルシウム
子どもの骨の十分な発育だけでなく、神経や筋肉の発達にも欠かせないサプリメントです。ただし、過剰摂取すると鉄や亜鉛、マグネシウムの吸収率が低下します。

次ページ→サプリメントを飲む時間、タイミング